映画について私が全然知らないいろいろな事柄

更新がとまっていますが @ohirunemorphine が、だらだらと映画についてあれこれ考えます。

牯嶺街探訪。

一週間以上経ってしまいましたが、

台北に行っておりました。

 

あちらはまだまだ真夏。

こんなに汗だくになるかというくらい汗をかきました。

美味しいものをちょこちょこつまみながらの街歩き。

 

さてどこへ行こうかな、

と地図を眺めていたところで

目に入りました。

「牯嶺街」。

 

ここで行っておかねばならぬ、という謎の巡礼者の気分になりました。

 

MRT「中正紀念堂」からおもてに出ます。

駅を出るなりめっちゃ地元の方の多そうな市場があります。

お腹すいたな……

しかし南海路をずんずん歩きます。

 

程なくして少し横に入ると「牯嶺街」の路地があります。

f:id:ohirunemorphine:20171007213218j:plain

 

もう完全に住宅地ですね。よそ様のお宅にカメラを向けるのも憚られるので

あまり写真は撮っていません。

が、所々の狭い路地に、なんとなく雰囲気が残っているのは気のせいでしょうか。

 

f:id:ohirunemorphine:20171007213450j:plain

 

こんな素敵な建物がありました。

ここは「牯嶺街小劇場」。

かつては日本政府の拘置所や警察署として使われていた建物だそうです。

「上あがっていい?」と拙い英語で尋ねたところ、

「今はロビーしか開放してない」とのこと。

老朽化しているということですし、地元アーティストの拠点として使われているようですし、

ここはおとなしく写真だけ撮らせてもらって退散。

 

f:id:ohirunemorphine:20171007213702j:plain

 

素敵なロビーです。

 

f:id:ohirunemorphine:20171007213826j:plain

 

ちょっと路地を一本入るとこんな建物も残っています。うわー雰囲気あるなぁ。

 

f:id:ohirunemorphine:20171007213932j:plain

 

てくてく通りを歩きます。この道はもうなんとなくそれっぽくありませんか?

 

f:id:ohirunemorphine:20171007214200j:plain

 

途中「牯嶺街公園」でひと休み。辺りを見回しても完全に住宅街です。

 

f:id:ohirunemorphine:20171007214310j:plain

 

お腹が空いたところで大好きな胡椒餅のお店があったので一つ所望。

おばちゃんがとっても親切でした。

 

f:id:ohirunemorphine:20171007214428j:plain

 

f:id:ohirunemorphine:20171007214525j:plain

 

これは写真で残しておくしかあるまい(笑

その場で撮るのは憚られたので1日持ち歩いて宿で撮りました(笑

 

f:id:ohirunemorphine:20171007214645j:plain

 

麺線!

うっかりニンニクがっつり入れられてしまいました(デフォルト)。

プリプリの牡蠣とモツ。

美味しかったけどブレスケアとガムをその後噛み続ける羽目に(汗。

 

f:id:ohirunemorphine:20171007214757j:plain

 

てくてく歩いて「建国高等中学」まで来ました。

道路を挟んで教会があります。

そういえば、この界隈、なぜか何件か教会を見かけました。

張家の二番目のお姉さんだったでしょうか?敬虔な信者でしたよね。

(小翠も教会に出入りしている的シーンもあったような……)

 

お昼時。

街中には建国中学の生徒がめっちゃうようよしていました。

あのカーキ色の制服と胸の刺繍!!うわぁお!

もう私、大コーフン。

学生さんにカメラを向けるのは憚られましたのですが、

 

    交差点で一瞬こっそり地図眺めてるふりしてシャッターを切ったのは

    とてもお見せできません。

 

f:id:ohirunemorphine:20171007221029j:plain

 

MRT「古亭」からの方が近かったようなのですが、

うっかりめちゃくちゃ歩いてしまいました。

汗もうダラダラ。

 

これから映画に行く予定だったのですが、汗くさくてスミマセン的な感じでした。

 

これもひとつの聖地巡礼と言ってもいいでしょうか。

Brighter summer day、歩きながら子どもたちが縦横無尽に走り回っているような気がしてならなかったのです。

 

そんな幻のようなひととき。